【アニメ】ダイの大冒険2話の感想【ダイとレオナ姫】

スポンサーリンク

ダイの大冒険のアニメ2話「ダイとレオナ姫」の感想です。
原作は全部読んでます。
※ネタバレあり

スポンサーリンク

レオナ姫登場!

デルムリン島を訪れたパプニカのレオナ姫、賢者バロン、司教テムジンその他諸々。

14歳のレオナ姫は地の神の恩恵を受ける為に島を訪れたらしい。

大穴をへむかう

バロンたちの話によると地の穴は洗礼の場所だと言う。

レオナ姫に煽られて案内役を買って出たダイ。

道端で寝ていたキャタピラーを退かすダイを見てダイを見直すレオナ姫。

目的の穴へ着くが…

レオナ姫にパプニカのナイフをもらうダイ。

その時、突如現れる魔のサソリ。

その他諸々がやられ、レオナ姫もギラで応戦するがしっぽで吹き飛ばされてしまう。

一国の姫を守るメンツが弱すぎるのはどうなんだろうか。

なんとかナイフで撃退するダイだったがレオナ姫は毒に侵されていた。

そこにバロンが現れる

姿を現したバロンだったが勘の良いダイは気づいてしまう。魔法の筒をもつバロンに。

バロンのイオで穴の中に吹き飛ばされるダイとレオナ姫。

場面は変わってブラスとテムジン。ダイたちの事を報告しにきたゴメちゃん。話を聞き、動こうとするブラスに刃が向けられる。

なんとバロンとテムジンはレオナ姫を亡き者にし、パプニカの実権を握るつもりだったのだ!

怒るブラス

テムジンたちの目的を聞いて怒るブラス。

島中のモンスターを集めて対抗しようとするが、そこへキラーマシンに乗ったバロンが現れる。

蹂躙する、キラーマシン

魔法は効かず、パワーはゴーレムや大王イカを上回る。圧倒的な力で島中のモンスターを薙ぎ倒す。

その頃、ダイとレオナ姫は穴の中で出られずに困っていた。レオナ姫は毒が身体をまわり瀕死の状態。

その時、ダイの力が目覚める。

ダイ、爆発

ダイの額に謎の紋章が輝く。驚異的な力で洞窟を抜け出す。

レオナ姫と共に脱出したダイはブラスの元へ。

魔法が一つも使えなかったダイだが急にバギクロスを放つ。キラーマシンを吹き飛ばす。

何故かブラス爺さんの悲鳴も聞こえてるので笑ってしまった

怒れるバロン

バギクロスにビビったバロンは逆上し、ダイに襲いかかる。

ダイは体格差を利用し小回りをきかし戦う。

このシーンはえらく臨場感ある戦闘シーンなので見る価値あり。

ダイは隙をつきキラーマシンの胸元のなんか丸いとこを破壊する。

ベギラマが炸裂!

ダイのベギラマが炸裂する。

魔法の効かないキラーマシンだがダイの壊した部位からベギラマが中のバロンにまで伝わり倒す。

無事に儀式を終えたレオナ姫はパプニカに帰る。ダイは魔法がまた使えなくなっていた。

アバン、ポップ登場

原作になかったシーン。

モンスターに襲われる街を見捨てるアバンとポップ。

未来を目指すと言うアバン。

次回「勇者の家庭教師」へ続く。

原作と違うシーン

違うシーンをあげればキリがないのでひとつだけ。

魔のサソリのシーン。アニメではダイが自力で倒し切るが、原作ではパピラスの力を借りて空から急所を攻撃する。モンスター島の子供感が出てるのが良い。

それとアニメ版は原作にあるコミカルな要素が無いのが特徴。

ベギラマでやられたバロンは原作ならギャグマンガ的なノリで髪がチリチリになって出てくる。

まとめ

原作では「ダイ爆発!!!」前中後編として描かれたストーリーを1話に凝縮してましたね。

あとからパプニカ三賢者ってのが出てきますがバロンを入れて四賢者だったんですかね?その辺は謎のままです。

物語の導入部分としては良いですがこれからの熱いストーリーに比べればまだまだ面白味にかけます。

それではまた次で会いましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました