本当に死にたかった??? 映画の感想「十二人の死にたい子供たち」

スポンサーリンク

「自称」映画好きの私が視聴した映画の感想を書いていきます。

今回は「十二人の死にたい子供たち」です。

橋本環奈や新田真剣佑など若手の人気俳優+オーディションで選ばれたメンバーで構成された12人がメイン。多少のネタバレも含みます。

あらすじ

自殺サイトを通して集まった12人が約束の廃病院に行くとそこには既に1人の死体が・・・謎の13人目の男の正体は?しかも自殺を偽装した他殺。

安楽死を求めてやってきた彼ら、自殺はしても殺されるのは納得いかない。

そこで犯人探しが始まる・・・。

という流れです。

面白かった点

個人的には導入部分がすごくよかった。

顔も知らない自殺仲間が集まってくるオープニング。不安にかられながらも指示の通りに暗証番号や金庫のカギを開ける。帽子とマスクで顔を隠していたり、黒ずくめの服装だったり、ヤンキーやギャル、ゴスロリなどの多彩な人間が顔を出す。

意味ありげな演出が凄くワクワクしました。

気になった点①

自殺したいって理由が弱く感じました。親に保険金を掛けられてていつか殺されそうだからとか、おじさんに買われて病気を移されたとか、いじめ受けてたからとか恐らく悲惨な過去があるんだろうな~というのは伝わります。これの回想シーンでもあればより伝わったんだろうと思います。死にたいほど追い詰められているのか?と疑問に感じました。

気になった点②

謎の13人目の正体とか殺した犯人とかもちろん判明するんですが、その肝心の謎解きシーンが薄かったですね。別にどんでん返しだけを求めてるわけじゃないですが、あまりにも普通に感じました・・・。

あと、途中で予定外のトラックが来て大人に見つかりそうになるんですが、隠れろ!で一瞬隠れて終わり。あのシーン必要だったのか?

感想

個人的には少し盛り上がりに欠けた作品でした。ただ私はこの作品の見方を間違えていたかもしれません。私が期待したのは犯人は誰だのデスゲーム系。でもこの作品は思ったより社会派映画だったのかもしれません。若者が抱えた心の闇、他人から見れば大したことのない悩みでも本人は自殺を求めるほどの苦悩・苦痛を感じている。それにどう向き合うかを12人の彼らと一緒に考える作品なのかもしれません。

グロシーンとかは全くないので苦手な方も安心して見られますよ。

余談

余談ですけど、ギャル役の吉川愛さんて誰かに似てると思ったら吉田里琴さんだったんですね。引退したって前に何かで見ましたけど名前変えて復帰してたんですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました