【アニメ】ダイの大冒険30話の感想【ポップの覚悟】

スポンサーリンク

こんにちは。山下真司です。

今回は、ダイの大冒険のアニメ30話「ポップの覚悟」の感想です。

原作は全部読んでます。

※ネタバレあり

スポンサーリンク

バランが竜魔人に変身した

前回、ヒュンケルにお説教されたバランは逆切れの末に原作からは想像もできなかったほど赤い竜魔人になりましたね。

竜魔人は人間の要素を捨てた怪物だという説明のために足をビームで貫かれるポップ。

心なき怪物ですよこれは

手加減などせん!!

余りにも強いバラン

クロコダインやヒュンケルをはるかに凌ぐパワー。瞬殺。

レオナもなんか吹き飛ばされる。 あれ?手加減してない?

そしてダイ君(本名ディーノ)登場

おじさんはだれ?

まるで化け物みたいだ

もうめっちゃ失礼。

クロコダインもいるのに。記憶ないくせに姿かたちが違うと親子じゃないっていう倫理観は備わってんのかよ。

かばうポップ

紋章の力で親子だと確信したダイ。

しかしポップがかばう。親友ですからね。どうしてもわたせない。

熱い叫びの後に迫るバラン。

どうする?考えるポップ。こんなときアバン先生ならどうする?どうした!?

そして特攻のポップ

「メ・ガ・ン・テ」

そしてすべてを思い出すダイ。これ爆発をみて思い出したんじゃね?

生きていたバラン

ポップの力が足りずバランは爆発の直前に逃げていた。

無駄死にポップ。なんてことだ。

怒るダイ。

バランに一撃をぶち込むダイ。

額にあるはずの紋章が拳に浮かび上がる。

人間との混血のためイレギュラーの進化が起きたダイ。

次回は本格的にバランとの闘いだ!

図に乗るなぁ!このガキめがぁ!

が早く聞きたい。

いまさらだけど種﨑さんのダイはドラえもんばりに普通になったな。

キャラと声が一体化した感じ。

余談

ED全然ちゃんと見てなかったんですよ。

新規マァム出てましたね。気づかんかった~。

前回のやつ

www.sokogaiiblog.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました