【アニメ】ダイの大冒険37話の感想【一瞬にすべてを】

スポンサーリンク

ダイの大冒険のアニメ37話「一瞬にすべてを」の感想です。

原作は全部読んでます。

※ネタバレあり

スポンサーリンク

前回の内容

閃華裂光拳の秘密

マァムの股間アップからの始まり。ファンサかな?
マァムの一撃によりダイの救出に成功する。

からの過去
閃華裂光拳の正体は何か。それはホイミだった。
花に水をあげると元気になるがあげすぎれば枯れてしまう。
その原理で生体組織を破壊してしまう魔法、「マホイミ」と呼ばれる

それを武神流と合わせたものが閃華裂光拳

ダイの大冒険をアニメで見るならこちら!

武力で圧倒するマァム

普通に格闘で圧倒するマァム。
ずっと空中にいるのは何故・・・?

そのすきにダイの回復を図るチウ。
しかし、薬草が出てこない。実は前にモーモンに襲われたときに使い果たしていた・・・。

※原作では軍隊アリ。ダイ大にモーモンなんて最近のいません・・・

閃華裂光拳は拳でしか使えないことに気づいたザムザ。
粘液を吐き拳を使えなくする。閃華裂光拳の使えないマァムはもう怖くないとばかりに追い詰める。

ダイは何か策があるようだ。覇者の剣のところに向かう。

一瞬にすべてを

マァムにゴミだといわれたザムザはコンプレックスを爆発させる。

ここでゴースト君が助言。マァムにメラを放ち、粘液を溶かすようポップに促す。

粘液を溶かしたマァムの渾身の閃華裂光拳。

そしてその一瞬のタイミングでダイは覇者の剣を使いアバンストラッシュでぶった切る。

消えるザムザ

体が崩れ元の魔族の姿に戻っていくザムザ。
ネズミにすら油断したことが敗北に繋がったと素直に認めるザムザ。

覇者の剣が崩れていく。覇者の剣でもダイの力には耐えられかったようだ。
ロモス王曰く覇者の冠と同じ「オリハルコン」で出来ているため壊れるはずはないと。

ザムザ「すり替えておいたのだ!!」

剣はとっくにハドラーへ献上されていた。
しかも今回の戦闘の結果すらザボエラのもとへ届けられてしまう。

超魔生物は死ぬと体が炭のように黒くなり灰となって消える。
ザムザは自分の戦いは無駄じゃなかったと言いながら消えていく。

ザムザは表面上はどうあれ心の中では親からの愛情のために戦ったと感じたダイは同じ気持ちを感じていた。

まとめ

今回でザムザ編も終わりですね。
マァムが再登場するための中ボス感が強いザムザですが、本当にいいキャラでしたね。

負けても覇者の剣のすり替えと研究結果をザボエラに届けるぬかりのなさ。有能ですね。
そして最低でも父親・ザボエラに褒めてもらいたい、認めてもらいたいという心からこれだけ仕事をこなすというは同じように父親との確執があるダイには感じるところがあったようですね。

ザムザの「神が与えた命に手を加えた天罰かもな」というセリフが好きですね。

俺の戦いは無駄じゃなかったと自分に言い聞かせるように消えていくザムザは敵ながら哀愁が漂ってましたね。

これがダイ大のいいところですね。捨てるキャラなしとでも言いましょうか。
初めは小物臭しかなかったザムザですが総合的に見て好きになった人もいるんじゃないですか?
魔王軍では親子の繋がりって他にないから余計に響きますよね。

ダイの大冒険をアニメで見るならこちら!

コメント

タイトルとURLをコピーしました