漫画は最低3巻まで読むべし

スポンサーリンク

こんにちは。山下真司です。

皆さん普段漫画読んでますか?そもそも好きですか?

僕はジャンルも問わずなんでも読みます。

ですが、誰しも合わない作品て必ず出てきますよね?

でもすぐに切らないでください!

僕はどんなに気に入らない作品でも最低3巻まで読むようにしています。

それは3巻までで必ず変化が起こるからです。

今回は、漫画を読むなら最低でも3巻まで読んで欲しいという話をします。

スポンサーリンク

具体的な三巻の内容

ここで具体的に現在人気作品の三巻の内容を挙げていきます。

ワンピース

初めての悪魔の実持ちの敵・道化のバギー戦のラスト

ウソップ編クロネコ海賊団戦前

ONE PIECE カラー版 3 (ジャンプコミックスDIGITAL)

ONE PIECE カラー版 3 (ジャンプコミックスDIGITAL)

 

NARUTO(ナルト)

波の国でのハクとの戦いでナルトが九尾の力に覚醒する

NARUTO―ナルト― モノクロ版 3 (ジャンプコミックスDIGITAL)

 

BLEACH(ブリーチ)

グランドフィッシャー戦ラストまで

BLEACH モノクロ版 3 (ジャンプコミックスDIGITAL)

BLEACH モノクロ版 3 (ジャンプコミックスDIGITAL)

  • 作者:久保帯人
  • 発売日: 2012/09/21
  • メディア: Kindle版
 

進撃の巨人

エレンが食われてからの巨人覚醒

進撃の巨人(3) (週刊少年マガジンコミックス)

進撃の巨人(3) (週刊少年マガジンコミックス)

  • 作者:諫山創
  • 発売日: 2012/09/28
  • メディア: Kindle版
 

からくりサーカス

鳴海と勝の別れ

勝の幕終了まで

からくりサーカス(3) (少年サンデーコミックス)

からくりサーカス(3) (少年サンデーコミックス)

 

序盤の大事なシーン。

主人公の覚醒や次への引きが熱いところが多いですよね。

特に最後のからくりサーカスは度肝抜かれましたね。

このように三巻までにどの漫画も必ず変化という名のテコ入れが入ります。

 

1話目から引きの強い漫画もある

当たり前ですが1話目から面白い漫画も多いですね。

作品を世に出すのだからインパクトを与えたいのは当然ですが。

例えば、

「チェンソーマン」

ジャンプと毛色の違う異色作。あの世界観は一話目から信者出来ましたね。

チェンソーマン 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

チェンソーマン 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

 

「鋼の錬金術師」

これもインパクトありますね。エルリック兄弟のキャラの立ち方は素晴らしい。

鋼の錬金術師 1巻 (デジタル版ガンガンコミックス)

鋼の錬金術師 1巻 (デジタル版ガンガンコミックス)

  • 作者:荒川弘
  • 発売日: 2012/03/12
  • メディア: Kindle版
 

「ボボボーボ・ボーボボ」

とりあえずめっちゃ笑いますよね。あの劇画とボケの連続。勢いが凄い。

ボボボーボ・ボーボボ 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

ボボボーボ・ボーボボ 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

  • 作者:澤井啓夫
  • 発売日: 2012/12/04
  • メディア: Kindle版
 

 

嫌なら切ってもいいです

最低三巻まで読んで!という主張ですがどうしても無理な場合ありますよね。

グロい表現が多かったり、絵が合わなかったり理由は様々あるかもしれません。

そういうときはスパッと切ってください。

まとめ

というわけで今回は「漫画を読むなら三巻まで読んでください」という内容でした。

あくまで個人的な意見ではありますが意外と間違ってないと思います。

ジャンプなんかは打ち切りになる漫画でも三巻程度は発売します。

それまでにテコ入れが入ってる証拠です。そして上手くいかなかった結果打ち切られているという事です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました