【パン食】お年寄りは何故パンを好むのか

スポンサーリンク

こんにちは。山下真司です。

僕は学生時代約4年間スーパーマーケットでアルバイトをしていました。
レジ打ちも業務の一つなのですがその中で疑問に思ったことが・・・。

開店して間もなくお年寄りが大挙して半額パンを買いに来るのです。
もちろん通常の価格の食パンや菓子パンなど時間帯関係なくパンを買われるお年寄りが多い印象を受けました。

もしかしたらお年寄りはパンが大好きなのでは・・・?

これってトリビアになりませんか?(死語)

というわけで少し調べてみました。

スポンサーリンク

まずは仮説を立ててみる

①パンが好き

純粋にパン好きが多いからだろうか?
それとも世代的にパンが珍しく若いころ食べられなかったパンを今だからと食べまくっているのか。

②パンが安価だから

パンは安い。パンは足が早く、特にスーパーでは半額以下まで値下げされるので大量買いする事もあるのかも。
流石に消費しきれないので冷凍している可能性大。

③小食だから

年を取ると一日に食べる量が減る。
パンは正直腹持ち悪いが小食のお年寄りならそれで満足できるから良いのだろうか。

④パンというよりジャムが好き

パンを食べるというよりお供のバターやジャム、サンドイッチならハムや野菜類などを食べたいからパンを食べる人がいるかもしれない。

⑤パンからお年寄りを引き付けるフェロモンが出ている

パンには人をたらしこむ才能がある可能性。
駅の構内でパンの香ばしい匂いに誘われるのはそのせいかもしれない。

というわけでネットで調べてみる

仮説の中に当たりがあるかは置いておく。

本当は人に聞くのが早いが、僕にそんな人脈も聞く度胸もないのでネットで検索を。

検索上位に出てくるこちらのサイトでは2009年の古い記事ではありますがやはり当時からお年寄りはパン好きの傾向にあるようだ。

(お年寄りよりシニア層という方がいいようだ)

理由としては片手で食べられる、調理がいらない、食が細くなったからなど。

正直そのほかのサイトも似たような事しか書いていなかったので割愛します。

結論

というわけで「お年寄りはパン好きか?」という疑問の答えは半分正解ということになりそう。

確かにパンが多く買われていたことは真実だがパンの味が好きというよりパンのお手軽さや安価な点が人気の理由としていた為である。

それと検索の際に出てきたデータが古いものばかりだったので最新のものはどうなってるか気になる所。以上

それでは皆さん素敵なパンライフをお送りください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました